ファッショニスタNavi

2016秋冬トレンド靴ドクターマーチンのおしゃれレディースコーデ

drmartens_aw00秋冬コーデでマストなショートブーツですが、今シーズン特に注目を集めているのがDr.Martens(ドクターマーチン)のブーツ

ガッチリとしたシルエットで、メンズライクなブーツですが、今季トレンドのヴィンテージMIXのスタイルとも相性がよく、

この秋冬のレディースファッションでは要チェックな1足です。

スポンサードリンク

こんにちはBeniです(・∀・)/

辛口・クールなスタイルでは、レディースでもおなじみのマーチンブーツ。

ロックTシャツや、Gジャン、ライダースジャケットなど、グランジ系のスタイルの足元には欠かせないアイテムですが

今シーズンは幅広いジャンルで履く人が増えています。

drmartens_aw01(引用:https://jp.pinterest.com)

ドクターマーチンは、メンズファッションでは定番中の定番ブーツですが、

足元をゴツめのマーチンにすることで、コーデ全体のバランスを引き締めてくれるので、レディースコーデでも人気が高いです。

ソールはフラットなので歩きやすいし、ソックスやタイツとの組み合わせ次第で、足元の雰囲気もガラッと変えられます。

ピタッとしたスキニーパンツだったり、
ダメージのデニムだったり、
ミニ丈のボトムスでも、
ガーリーなワンピースでも、

とにかく万能にフィットします。

今年はどんなマーチンブーツが人気なのか、おしゃれな履き方など、この秋冬のトレンドをまるっとまとめてみました!

まずは黒。オールシーズン使える万能ブーツ

drmartens_aw02(引用:http://www.fashionsnap.com)

基本カラーの黒は、まず押さえておくべき色です。

まずは黒。大事なことなので、二回書いときました(笑)

ドクターマーチンといえば黒。

茶系カラーも流行っていますが、黒の万能さには絶対かないません。

ショーパンやミニスカなど、ヘルシーな脚見せコーデのときも、黒以上に引き締めてくれるものはないし、より細見えを狙えます。

色や柄モノなど、他のパーツのアイテムに左右されることなく足元を決めれるので、バランスも取りやすいです。

色のバリエーションはそれほど多くないので、今持ってる手持ちのブーツとのバランスで判断することになりますが、黒のドクターマーチンはマストだと思います(・∀・)/

スポンサードリンク

靴紐→白がトレンド

drmartens_aw03(引用:http://www.eyeseyeseyeseyes.com)

ドクターマーチンは、甲から履き口まで紐になっている、いわゆるレースアップブーツですが、

今年レディースコーデでは「靴紐を白に」というアレンジが流行しています。

ガッツリなメンズ感が苦手な人は、白以外でも、紐の色を変えてみると、オリジナリティも出るし履きやすくなります。

靴紐が白になることで、抜け感も作れるし、ワンポイントアクセントになります。

自分にフィットする「ホールの数」を選ぶ

drmartens_aw04(引用:https://stylehaus.jp)

ドクターマーチンを選ぶときに重要なポイントが、「ホールの数」です。

ホール=紐通し穴で、ホールの数が多くなるとブーツの丈も長くなっていきます。す。

履き回し重視・定番どころを狙うなら8ホール。

ボリュームを控えめにするなら6ホール。

ロックな雰囲気で、存在感タップリな10ホール。

のように、自分好みの丈感を選びましょう!

おしゃれなファッショニスタのコーディネート

drmartens_aw05(引用:http://www.justthedesign.com)

drmartens_aw06(引用:http://manrepeller.com)

drmartens_aw07(引用:http://lbstatic.nu)

drmartens_aw08(引用:http://lookbook.nu)

まったくテイストの違うコーディネートですが、どの着こなしにもフィットしているドクターマーチン。

オーソドックスなデザイン&シルエットなので、この秋冬の流行が終わったとしても、普通に履き回せるのがいいですよね♪

何年かかけて履くことで足に馴染むし、レザーに汚れや擦れなどのダメージが入ることで、自分だけのブーツに仕上げられるのでおすすめです!

next24

スポンサードリンク

この記事はいかがでしたでしょうか??
【400いいね!】目指してほぼ毎日更新中!!
⬇のボタンで"いいね!"してもらえるとうれしいです♪

本日更新の最新記事はこちら

new1110

おすすめコーデをシェアしてくれたら嬉しいです♪

DigiPress
*

Return Top