ファッショニスタNavi

2017秋トレンドのアウターは?レディースコーデで流行る羽織り5選

outer_a00着慣れた夏コーデから一発で秋モードに替えてくれるアイテムといえば【アウター】です。

暑さの残る秋前半のコーディネートから、メインで使えるトレンドアウターをピックアップしました。

2017秋の流行を先取りできる、おしゃれな羽織りアイテムをチェックしておきましょう!

スポンサードリンク

こんにちはBeniです(・∀・)/

秋一番のコーディネートでなくてはならない羽織りアイテム。

マンネリ気味な夏コーデも、秋アウターをONすることで、ネクストシーズンの着こなしにアップデートできます。

夏→秋の移行時期は、気温とのバランスもポイントになるので、複数の羽織りアイテムを持っておいて、その日のコンディションに最適なものを合わせたいですよね。

いつものコーデに足しただけでも、簡単に旬のテイストになる、この秋マストなアウターをまとめてみました。

①薄ブルゾン

outer_a01(引用:http://runway-webstore.com)

秋一番で羽織るブルゾンは、薄い生地感がマスト。

ジャストなサイズ感はミニマルな雰囲気で、ワンピースでもオールインワンでも、スタイルを選ばずONできるのでオススメ。

暑さの残る夏終盤からサラッと羽織れるし、

寒さが本格的に進む冬にはライナー(インナー)として、コートやアウターの中に着れるので、今買っても長く使うことができます。

春夏に引き続き光沢のあるサテン素材が人気で、刺繍入りのスカジャンを甘く着るスタイルは、この秋流行りそう。

サテン以外にも、ベロアやジャージなど、生地の質感で印象が変えられるので、色々欲しくなりそうです(^^)

②ライダースジャケット

outer_a02(引用:http://usagi-online.com)

秋コーデの定番ライダースジャケットは、一着持っておきたい王道のアウターです。

どんな着こなしも、ライダースを羽織るだけで、自然とお洒落度がアップするので不思議(^^)

鉄板は黒ライダースですが、今シーズンはカラバリも豊富で、ピンク・ブラウン・アイボリーなどのカラーライダースは、クール派以外の人にもフィットします。

ファー・ニット・ワンピなど、シンプルで甘めなコーデにライダースをONすると、スタイリングが締まってお洒落見えを狙えます。

★関連記事★
ライダースジャケットのおしゃれな秋の甘辛トレンドコーデ

③ビッグGジャン

outer_a03(引用:http://titivate.jp)

毎年流行っているGジャンですが、今シーズンはボーイズルックのビッグシルエットがトレンド。

甘めのブランドからもビッグサイズのGジャンがリリースされており、

ザックリと羽織ってボーイズライクに着こなすのが流行りそうです。

脱定番を狙うなら、背中にプリントが入ったものや、刺繍入りなど、インパクトのあるデザインのGジャンがオススメです!

スポンサードリンク

④ガウン

outer_a04(引用:http://runway-webstore.com)

春夏流行ったロング丈のガウンは、秋素材で投入しましょう。

くったり感のある生地のガウンは、体のラインをカバーしてくれるし、

スタイルを選ばずサラッと羽織れる”万能さ”が魅力です。

夏はレースやシフォンなど”透け素材”がメインだったので、しっかりした生地感のサテン・ニットなどに置き換えるだけで、秋っぽさをアピールできます。

ひざ丈くらい長さのあるガウンは、ミニスカートでも、ワイドパンツでも、ワンピースでも合わせられるので、着回しを重視する人にオススメです。

⑤ロングシャツ

outer_a05(引用:http://runway-webstore.com)

軽めに羽織れるシャツは、お洒落見えを狙えるロング丈がおすすめ。

ボタンは留めずに全開にして、抜け感をキープしましょう。

オーバーサイズや、肩が落ちるシルエットのシャツは、女性らしさを引き出してくれます。

色や柄で遊べるのもシャツならでは(^^)

この秋冬流行カラー&柄で投入して、トレンド感を引き上げましょう!

next14g

スポンサードリンク
この記事はいかがでしたでしょうか??
【400いいね!】目指してほぼ毎日更新中!!
⬇のボタンで"いいね!"してもらえるとうれしいです♪

本日更新の最新記事はこちら

new1110

おすすめコーデをシェアしてくれたら嬉しいです♪

DigiPress
*

Return Top