ファッショニスタNavi

大人可愛い!2016秋流行色”ピンク”のおしゃれ最旬トレンドコーデ

pink_a00夏に引き続き、2016AWシーズンの流行色として注目を集めているピンク

ガーリー派には定番のピンクですが、今シーズンは辛口派もカジュアル派も、ジャンルレスで使えるキーカラーとして活躍してくれます。

夏終わりから秋先取りで取り入れたいピンクアイテムと、今季流行のコーディネートのポイントを紹介します♪

スポンサードリンク

こんにちはBeniです(・∀・)/

春夏はアースカラーや茶系カラーの人気が強かったこともあり、定番カラーのピンクはとても新鮮。

コーディネートに1点ピンク色のアイテムが入るだけで、旬の着こなしにアップデートできます。

夏秋コーデで人気の【黒コーデ】とも相性が抜群で、夏→秋に移行するこのタイミングから重宝する秋のトレンドカラーなので、ぜひチェックしてください(^^)/

ポイントは「いかに甘さを抑えるか」です。

★関連記事★
2016夏トレンドの黒コーデ!大人かわいい流行アイテムまとめ

甘いピンクは、まずは小物から!

pink_a01(引用:http://fashion-agony.com)

パッと見ガーリーな雰囲気の強いピンク色。

“甘さ”が気になるなら、まずは小物で投入するのが正解です。

鉄板なのが、シンプルコーデxピンクバッグの組み合わせ。

マットな色合いのレザーバッグや、もこもこファーのクラッチバッグなど、甘さ控えめな素材をチョイスすれば、辛口派でもすんなり取り入れやすいです。

シューズで投入するときも、トップスxボトムスはシンプルにまとめて、差し色的に使うのが正解です。

オーソドックスな形のパンプスなら、上品さをアップしてくれるスエード素材、

サンダルならファー付きで個性的なものが今年のトレンドです。

定番ボトムス→ピンクにアップデート

pink_a02(引用:http://fashionmaxi.com)

この秋流行するボトムスも、ピンクで投入するとトレンド感がグッと上がります。

春夏シーズンに引き続き、この秋冬も人気のワイドパンツですが、

こっくり深い色だけでなく、ピンクのような明るいトーンも一枚あると、コーデのパターンも増やせます(^^)/

また、この秋流行ると言われてるロング丈のプリーツスカートも、ピンクがおしゃれ。

ロングスカートは、ピンクの割合が増える分ガーリーな雰囲気になりがちですが、

くすみがかったダスティピンクでトーンダウンすると甘さを抑えることができます。

ゴツめのブーツ、リュック、キャップ、スニーカーなど、

スカート以外のアイテムを、スポーツ&カジュアルでシンプルなものでまとめると、旬のピンクスタイルが完成(*_*)

スポンサードリンク

トップスはレイヤードで

pink_a05(引用:http://www.justthedesign.com)

夏後半から秋始めは、まだまだ暑さが残ります。

秋素材のニットの出番はまだまだ先ですが、先取りで取り入れるならレイヤードできるものがおすすめです。

春夏に引き続き、秋コーデでもキャミソールは人気。

白T・グレーT・黒Tと、モノトーンとの合わせは鉄板で、インナーのTシャツを替えるだけなので、着こなしも簡単です。

トップスにピンクが入ると、甘くなりがちなので、ボトムスに黒やネイビーなどのダークトーンを合わせると、バランスが取りやすいです。

ピンク服に慣れてない人は、まずはコンパクトに取り入れてみましょう。

アウター

pink_a04(引用:https://jp.pinterest.com)

秋本番になるとマストな羽織アイテム。

メンズライクなMA-1ジャケットやブルゾンは、毎年流行るアウターですが、ピンクで投入すると今年らしさをアピールできます。

デニムxブルゾンの組み合わせは秋のド定番ですが、ピンクの羽織りなら新鮮(^ ^)

ガーリーなベビーピンクでも、カジュアルなパンツルックなら、甘さのバランスがちょうど良いですね!

next24

スポンサードリンク
この記事はいかがでしたでしょうか??
【400いいね!】目指してほぼ毎日更新中!!
⬇のボタンで"いいね!"してもらえるとうれしいです♪

本日更新の最新記事はこちら

new1110

おすすめコーデをシェアしてくれたら嬉しいです♪

DigiPress
*

Return Top